未経験ママのWebデザイン勉強法 自分のWebサイトをつくる

自分のサイトをつくろう

もうすぐスクールを卒業します。

まだ退職できてない状態ですが、卒業後はサイト制作にコツコツ携われていければ・・・と考えています。

卒制はひと段落。

と言っても、WP化をこれからしたいし、サイトに動きもつけたいな。

各ブラウザでの微調整?もまだと、やることはありますが、大方形になってきたので、

そろそろ次の段階を考えました。

自分のサイトをつくること。

ポートフォリオのような、でもちょっとビジネスよりなような・・・

イメージがふわっとしているので、

授業で教わったクライアントワークに沿って、ブログを更新しながら、わたしのサイトの完成をめざします。

授業でならった、クライアントワークを思い出す

クライアントワークは実際に先生が使用している、見積書やヒアリングシートなどを拝見でき面白い授業でした。

もう1回受けようと思い、予約していたのに、前日の子連れスクールで力尽きたわたしは、大切な授業のことを忘れていてしまい・・・

自分のサイト制作をするにあたって、一度受けた授業の内容を復習しつつ、進めて行こうと思います♡

Webサイト制作ワークフローのおさらい

まずWeb制作のワークフローをおさらいしてみます。

  1. 受注
  2. ヒアリング
  3. 調査分析
  4. サイト設計
  5. 画面情報設計
  6. デザイン
  7. コーディング
  8. ブログラミング・CMS実装
  9. テストアップ
  10. 納品
  11. 運用
  12. 改修 →①に戻る

以上が流れとのこと。

工程をひとつづつ振り返理ながら、サイト制作に臨もうと思います。

Day1 受注〜ヒアリング

① 受注

まず受注に関して。

今回のクライアントは自分。そのため、発注者とのやり取りは特にありません。

これが実際は、先日のフリーランス講座にあったように、

  1. 何ができて
  2. いくらでできて
  3. 実績を案内して
  4. いつまでにできます

というやり取りが必要になるのかな。と妄想してみました。

今の自分に当てはめてみます😄

  1. ホームページが作れます(HTML,CSS,頑張ればWordpress?)
  2. 修行中のため5万円くらいで?
  3. 卒業制作を見せる
  4. 2ヶ月(4月までには!)

という感じなのでしょうか。

果たしてこれで受注になるかしら?と、世の中の需要についてはまだ未知ですが、今のわたしの精一杯なのかなと・・・

② ヒアリング

ヒアリングは大切

卒業制作では、友人のサイトということもあり・・・友人と遠距離だったこともあり・・・

気を使いすぎてなんとなくのヒアリングになってしまったのが悔やまれます。

なんとなくの情報から、試行錯誤の末、作ったデザイン案。

喜んでもらった〜♡なんてうかれていたら、「やっぱりここはこうがいい!これに変更!」などなど

わりと傷つく修正が入ります 笑

そうならないためにも、ヒアリングをして、イメージをすり合わせ、最終的にはヒアリングシートにメモが必須です。

修正が頻発し、こちらが消耗するもを守ってくれる術でもあります。

もちろんクライアントさんの満足が第一優先ですが、修正費用が発生するなど、自分自身を守ることも必要!とのこと。

ヒアリングシートを用意

卒業制作の時はGoogleformから簡単な。。。本当に簡単なものだったので、

改めて、授業で拝見したものと、ネット検索からダウンロードできるもので作成してみました。

参考サイトはこちら→https://ferret-plus.com/3256

今回、つくってみたヒアリングシートHearing seet

参考サイトのものをダウンロードし、項目を少し追加しました。

ヒアリングシートを記入

今考えつくだけ、ヒアリングシートを記入してみました。

先日のフリーランス講座で、「こんなクライアントは気をつけろ!」というスライドがあったのですが、

要件定義が甘い。

ここに自分が当てはまっているような・・・💦

Hearing seet my site

記入していくと、自分のイメージが同程度固まっているのか、など体感できますね。

そのためにも、一度はクライアントさんに記入してもらうのもいいのかも🤔

案件をしながら、気づいた項目は足したりしながら、自分が使いやすいヒアリングシートに育てたい♡

 

Day1 受注〜ヒアリング

ヒアリングシートを用意してみよう!と思っていたので、

よい復習になりました。

作りながら、当時のメモを引っ張り出し、忘れかけていた大事なお言葉を思い出しながら、

自分のサイトを作ろうと思います♡

どうぞお付き合いください😊

では卒制に戻ります!

●次回は「調査分析」