2020年6月 現状報告 職場とやりたいことの両立に向けて

梅雨に入り、だんだんジメジメしてきましたね。

コロナの第2波を気にしながらも、今後の働きかたについてはいつも通り試行錯誤の毎日です。

今年から『〝フリーランス〟という働きかたに切り替えよう!』と意気込んでいた私ですが、

職場からの円満退職を願うばかりに、また退職が伸びてしまった次第です。

その話合いの中で、思ったことを書き留めてみます♡

退職無期限延期のお知らせ

boy wearing gray vest and pink dress shirt holding book

月曜日の朝から、上司2人とわたしの雇用契約について話合いの場がもたれました。

長年働いているので、察しはついてましたが、

「後任採用の許可がおりなかったため、今年の夏の退職を取りやめてほしい。

コロナの影響で、会在宅ワークが可能になったので、週2出社・他は在宅で。という働きかたもできる。」

と、ざっくりまとめるとこんなお話でした。

「あーやっぱりね」

心の準備はバッチリでしたので、上司の話を聴きながら、自分の意見についてどう発言するかを考えていました。

目先のメリットを追わない

unknown persons enjoying on beach

さて、「在宅ワークが可能になったから、会社に残ってもいいでしょ?」ということですが、わたしにとっては在宅ワークがOKだからと言って、どこで働いていてもOKという訳ではないことです。

在宅ワークが可能になったことは、確かにありがたいことです。

でも、わたしの中の優先順位TOPは「ハワイでお仕事ができる」「家族と長期で海外に気軽にいける」ことです。

いまの会社に在籍している限り、長期の休暇は難しいうえ、周りの反応を見て休暇申請をしなければなりません。

そこで、最近読んだ本の知識を生かし、思いきって、今後のこと、いまのことを上司に話す決断をしました。

相互のメリット

person holding pencil near laptop computer

いま読んでいる気持ちよく「はい」がもらえる会話力という本のなかに、こんなエピソードがありました。

1000個のオレンジがほしいA社とB社。どうしても1000個を確保しないと経営が成り立たなくなる!ほど追い込まれている両社。

しばらく、生産者と値段交渉やお互いに500個ずつ買う案などあの手この手を尽くしますが、お互い「1000個購入」を譲りません。

すると、「1000個を何に使うのか?」という話になり、「A社はオレンジジュースを作るため。」「B社はマーマレードジャムを作るため。」だとわかります。

要するに「A社はオレンジの身がほしい!」「B社はオレンジの皮がほしい!」となり、一緒にオレンジ1000個を購入し、それぞれ必要な部位のみ使用することにしました。

そしてこれを機に、A社とB社はパートナー契約を結び、オレンジを同時に購入することで、今後はコストを下げて商品を生産することができました!

「1000個購入」という目先のメリットばかりに気を取られていては、お互いの気持ちにきずかず、ビジネスパートナーになることにもならず、生産コストを下げることもできなかった。

お互いのことを知ることで、より良い解決方法が見えたお話です。

わたしの場合、「退職」だけに気を取られていることは、よくないのでは?と思えるヒントになりました。

思いきって自分のことを話してみるといいこと

white, yellow, red, and blue balloons under blue sky

「時間・場所にとらわれない働きかたに変えたいこと」「そのためにWebデザインを勉強していること」「ライティングやマーケティングにも興味をもち勉強中だということ」

今まで、会社の人には黙っていましたが、自分の気持ちを正直に伝えることにより、

  • 「より退職したい意向を伝えらえる」
  • 「やりたいことに対して会社内でのチャンスがある」(かも)

という結果となりました。

幸運にも身近な部署で、Adobeソフトを使って動画や印刷物を制作してるところがあり、そこのサポートをさせてもらえるようお願いしました。

そして勝手に、担当者にアレコレ聞く時間をもらいましたw

気持ちを切りかえられた

woman standing on the desert while her hands up

今までであれば、「また退職がのびたよ」と延々文句を言い続けていたと思います。

「自分の気持ちを正直に伝える努力」をしてみたところ、願いは叶っていませんが、「前向きなきもち」になることができました。

在籍している会社の中でスキルアップのチャンスがあることに、少なからず今後の働きかた・お仕事に対して希望を持つことができました。

会社内の人間関係も様々あるかと思いますが、わたしはなるべく自分のことに関しては言わないようにしていました。

「自分の気持ち」を伝える恥ずかしさもあると思います。

今回、思いきって伝えたことで、周りの人がより「わたしの退職」について理解をしていただき、「スキルアップ」の活用についても考えていただけるキッカケになりました。

そのことは、わたしにとってもチャンスとなりました!

「自分のことを伝えることは時にはとても難しく感じるけど、伝えることでチャンスに巡りあう!」可能性を今回の件で感じました。

ほんとうは少しでも早く「ハワイでお仕事」を可能にしたく「退職」という道を選び、通りたい!と思っているけれど、

まわり道に見える今回のことが今後にいかせるように、社内でもより図々しくお仕事をしていこうと思います。

そして必ず「ハワイでお仕事ができるママ」になります🌺

 

LINEでは毎週金曜日に、「ハワイでお仕事できるママ」に向けてのプチ情報を配信しています♡