Webデザインを勉強したいと家族にうちあけるタイミング

新しいことをしたい!と家族に伝える勇気

わたしは、結局きちんと主人に伝えられなかった人です。

でも伝えた方がいいと個人的には思います。

それぞれのご夫婦・家族関係があるかと思いますので、一概には言えませんが、

自分が何をしたいのか。どうしたいのか。を伝えることは、今後も一緒に生活するパートナーに伝えてもいいのではないのかな?と思います。

わたしが勝手につくった、伝えられない壁

お金問題。

パソコンの費用

わたしがWebデザインを勉強するにあたり、用意したものは、まずパソコンです。

今から10年くらい前のパソコンを使わず放置してました。そのパソコンを使って、作業をするなんて考えられないので、新規購入です!

ましてや、仕事にしたい!と意気込んでいるので、優秀な新しいパソコンを買わずして、仕事になるわけないので、必要経費です!

でも、パソコンってお値段しますよね?

Windowsならまだ、お値段を抑えて、購入も可能でしたが、

ここはミーハー根性が出まして、「やっぱりMacだな」と。

少々お値段が上がります。

次に、学費。

当時SNSをしていなかったわたしは、ネット検索して、すごく興味を引かれたスクールを受講しようと、検討していました。

(SNSをしていたら、また違った勉強方法をとったかもしれません。この話はまたいつか。)

これがまた、高い。

学費、高い。

高い。

そんなに貯金もありませんし、当時は育児給付金で子供たちのオムツ代やらミルク代やら、食費、保険やら・・・・・とまかなっておりましたので、学費をどうするかは、頭を悩ませました。

けれど、独学でするには、自分の能力と、三日坊主な性格から、いつスキルを習得できるかわからない、仕事に繋がるかわからない。という懸念から、スクールに行こうと、日に日に心は決まっていきます。

復職

わたしが、このままでは育児と仕事の両立なんて難しいのでは?わたしはもっと自由に働きたいし、できるのでは?と思い初めてころには、保育園も無事内定が決まり、復職日も決まっていました。

保育園の送り迎え・子供の体調管理・自分の生活リズムと体力など、復職後の不安要素がありました。

結果は悩んだ末、仕事と育児の両立に慣れたであろう、復職後の約半年後にスクールに通うことになります。

最大の壁

主人の元カノがWebデザイナー・・・

イヤでしょ?笑

これから目指そうと思ったら、あれ、待てよ?と。

忘れてた記憶が・・ね。出てきましたよ。

・・・

だからなのか?

だから、わたしはWebデザイナーに興味を持ったのか?

なに?対抗意識なの???

え?え?え?

いや。決してそうではないはず・・・

この件については、いまだに自信がありませんが、この壁を乗り越えられず、結局、思い切って自分から「Webデザイン勉強する!」と主人には言えませんでした。

壁をクリアしていく

お金問題

こちらのお金問題は、復職することで、少し緩和されました。

少ないお給料でも毎月もらえること。

そこから月々の必要経費が支払われていくので、全く収入がない状態ではありませんでした。

それでも、数10万円を一気に支払えるほど、わたしに支払い能力があった訳ではありません。

ここは、潔く「学費ローン」「分割払い」で乗りきりました。

かなりの大金を、切羽詰まった状態で支払うことに身を置いたので、なんとしてでもスキルを習得してやろう!仕事に繋げるぞ!転職!!!と今でも意気込んでいます。

仮にWebデザインと、全く関係ないことに進んでいたとしても、無駄だったと周りに言わせないように、自分が思わないように、今行動できているのは、少なからず自分で支払っている大金のおかげかと思います。

復職

復職したことで、お金問題が緩和されました。

が、勉強していくと、次第に、仕事の時間も勉強に費やしたくなります。

スクールの課題が気になり、仕事どころではなくなります。

勉強を進めていくうちに、どんどん、今後はWebデザインに関わる仕事をしていこう。在宅ワーク・フリーランスを目指そうと思うようになりました。

仕事を早くやめたい!と思うようになり、2019年10月に、上司のわたしにとっては無神経な一言がどうしても許せず、結果、翌日には退職宣言していました。

やめたいと思いながらも、仕事を続ける選択肢はもちろんあると思います。

ですが、新しいスキルを習得していく中で、会社一択でいる必要がないと考え方が変わったことにより、退職の決断が、今までのわたしでは考えられないほど、即決に至りました。

※社内事情でなかなか後任が決まらず、まだ退職となっておりませんが、必ず2020年夏までには退職する強い意志があります😝

最大の壁

こちらは結局クリアにいたらずでした・・・

主人と改めて話をした場合、ネガティブな想像しかできなかったからです。

面倒臭いというか、変に傷をつくるのも、Webデザインを諦めてしまうことになるかもしれないし・・・とずっとモヤモヤ。

ここだけは、どうしても、クリアできなかった小心者でした。

伝わったきっかけ

結局、主人に伝えずして、Webデザインの勉強を始めたわたし。

スクールにいくのも、「プログラミング」といって誤魔化していました。

勉強道具も、主人の目につかないように気をつけていました。

お金も、お財布が別々なメリットで特に何も音沙汰なしです。

主人があまり、人に、とやかく詳細にものを聞き出そうと言うタイプじゃなかったので、隠し通せるかな?とちょっと期待がありました。

でも、勉強していくと、本が増えてくるんですね・・・

「Webデザイン〇〇!」のような、わかりやすいやつで。

ある日、「Webデザイン勉強してるんだね〜」っと。

あー。バレたか。と心の中のわたし。

その瞬間は、何もないのですが、やはり、来ますよね“元カノ”問題。

主人は少し言いかけて、やめたのですが、

それはそれで気持ちが悪いと思ってしまったわたし。

やめとけばいいのに、最後まで言わせると、やはり「Webデザイナーだよー」と。

「仕事ふってもらえばー」とのんきな主人。

いや。

おばか。

仲良いならまだしも、面識ほぼゼロ。

なんなら付き合い始めの頃は、恨まれてたんじゃ?くらいのレベルだったと記憶しておりますが?笑

と心の中で毒づいていました😑

まぁ。昔の話はお互い掘り下げるものではないですね。

と、流れで元カノ問題まで持っていき、そのままWebデザインを勉強していることが、主人に伝わったわけです。

伝わったその後

もちろん、授業のある日は、お仕事が忙しくても協力してくれます。

元カノがWebデザイナーだったからか、自分の知識なのか、主人からアドバイスがくることも、たまにあります。

でも、一番は、自分がこれを勉強している!と伝えることで、今後わたしはこういう生き方をしたい!こうなりたい!と自分の意志を伝えるきっかけになったことが良かったと思っています。

時には、

「新しいことの方が楽しいし、やりがいがあるんでしょ?今日仕事休んで勉強してたら?」

なんて、わたしには天使のような悪魔のささやきをしてくる主人です。

味方・協力者でいてくれたことに、とても感謝しています。

主人の仕事の都合によって、勉強が妨げられることもありますが、お互い様なので、感謝の気持ちは忘れずに、言ってしまった「わたしの理想」を叶えるために日々コツコツ前に進もうと思います。

 

結局、元カノ問題をひきづっていたのは、わたしだけでした・・・😮