ワーママの転職準備 PDF版ポートフォリオ

フリーランスにすぐなることも選択肢としてはあり!と思っているけれど。

Web業界を見てみたいし、スキルアップもしたい。

1度はWeb業界を経験するのは、今後悪くないのでは?と思っているので、転職サイト・エージェントに登録したり、アドバイスをいただいたので、少しまとめてみる♡

ワーママだって、スムーズな転職をしたいのだ!

ポートフォリオは必須

MacBook Air beside gold-colored study lamp and spiral books

ポートフォリオは転職活動において必須とよく聞く。

紙ベース?サイトを作る?

など話をよく聞くけれど、実際にどのように用意して使用するのか、ピンと来ていなかった。

その点はエージェントさんにアドバイスをいただけて、よかったと思っている。

ポートフォリオ PDFを用意しよう!

いまいち、ポートフォリオが必要だということはわかっていたものの、何をどう作ればいいのか・・・

まず、転職サイトなどの登録時や気なる求人に応募する時に作品の紹介です!とデータを送る場合がある。

その時に、サイトのみだとデータを送りづらい場合がある。

作品の詳細をまとめたPDFを1つ用意しておくと、データをすぐに送ることができ、

受け取った側も、作品の詳細が手間をかけづにみることができる。

なるほど。

こうやって使うのか。

ポートフォリオの中身は?

多方面から、ポートフォリオの大切さをよく目にするが、

自己紹介

作品詳細

どこを担当したのか。はたまた企画〜デザイン〜実装したのか。

何を使って作ったのか。

制作期間はどのくらいか。

を細かく書いていけばいいのだろうと思う。

作品が多々ある場合などは、その時のアピールポイントによって、ポートフォリオ つくりを使い分けるのが得策のよう😎

転職サイト OR 転職エージェント

未経験者が時短でリモートワークも希望しているとなると、なかなか門が狭い。

転職エージェントさんにお話を伺ったところ、サイトORエージェントさんではコスト面が違うため、求人の内容に少なからず違いがあるのだと言う。

転職サイト

転職サイトは主に。人材を探している側は、掲載料を払うのみとのこと。

そのため。未経験でもOK!と銘打っている求人が比較的多いのだとか。

転職エージェント

サイトとの違いは、採用した場合、人材を探していた側が採用料を払う必要があるとのこと。

安くはない金額を払う必要があるため、即戦力・経験者を求めている求人が多くなるとのこと。

どう使い分けようか・・・

求人の多さが魅力のサイトに登録しつつ、エージェントさんから情報やアドバイスをいただけることもしていくのがベターだと考える。

ハローワークも採用料はないとのことで、未経験者に優しいと聞いた。

確か、ネットからでも求人情報は見れるはずだが、後任が決まり、心置きなく会社を休めるようになったら、ハローワークにも足を運んで見ようと思っている。

 

まとめ

転職活動の第一歩として、

  • ポートフォリオを作る PDF版
  • 転職サイトORエージェントに登録

このふたつを急ぎ用意・行動してみた。

一般事務職の就職活動と違い、クリエイティブ系の職業は、自分が何ができるかをより具体的に先方にアピールする必要があるのだな〜と実感。

ぼーっとしているとあっという間に夏になってしまうので、仕事の合間にをみて今後も活動をしていく♡